平成19年8月度、月例大会

2007819日、この時期は最適な釣り物として好評だった丹後半島沖の根魚狙いも前回に引き続いて同じ場所の

宮津大島養老漁港を拠点に釣り船・裕凪丸2隻をチャーター「沖メバル釣り大会-U」を行いました。(参加者18名)


午前5時、裕凪丸に乗り込み養老漁港を出船した


親父の息子、英治船長が操船するニュー裕凪丸


浦島グリの水深150メートルの所で釣り開始


中島貴志さん、良型マロソイ(タヌキメバル)、ダブルゲット


遥々東京から参加した山川浩さん、沖メバル5連ちゃんにたまらず笑顔


西谷和行さん、良型ソイ、ゲット、釣りはいつも楽いっすね


西本正義さん、良型ムシガレイ、ダブルゲット


兄弟船、太一船長が操船する第一裕凪丸


特別ゲスト参加の小西和人さん、良型マソイ(タヌキメバル)ゲット

さまざまな釣り人生の中、奇しくもこの釣行が彼の最後の釣りとなった


山中ちゃん、麦わら帽をかぶったスタイルで

沖メバルを絶好釣の最中、暑くてたまらんとよ


國元洋正 会長、良型沖メバル4連チャンゲット


川田幸正さん、雑魚ゲット

入賞順位

対象魚
一匹長寸
入賞者氏名

1

沖メバル

34.9cm

山中 義憲

2
沖メバル
32.7cm

山本 則洋

3
沖メバル
32.4cm

國元 洋正

外道
シロソイ(タヌキメバル)
59.5cm

鹿庭 光寛

            

今回の例会は、沖メバルが対象魚だったが、外道にさまざまな根魚が釣れ続き一人平均15匹とまずまずの釣果に恵まれました。

なお、我がメンバーと友好関係にある元週刊釣りサンデー会長 小西和人さんがゲスト参加 最多参加者で一段と盛り上がりました。

お世話になった:裕凪丸