平成263月度、月例大会

2014323日 淡路島郡家漁港を拠点に春の風物詩、近場のメバルを対象魚とした「新春メバル釣り大会-U」を行いました(参加者8人)


参加者全員、郡家丸に乗り込んで

午前6時前に郡家漁港を出船した


郡家沖、水深30メートル前後の沈船の上で釣り始めた

この時期の底潮は、まだ低水温で誰にもアタリがない


メバルが喰い渋る中、小川 巧さんと川田幸正さんがガシラを同時ゲット


良型ソイもゲットした川田幸正さん


いつもついている男、西谷和行さん、幸先良く対象魚の

良型メバルを釣り上げ入賞間違いなしと思っていたが・・


左舷胴ノ間の川田 務さん、せっかく良型メバルをかけ取り込み寸前強引に

抜き上げるに失敗、バラし残念、その後再び良型メバルを釣り揚げやれやれ


右舷トモに釣り座を陣取った寺岡哲雄さんも良型をゲット


納竿直前に今回最長寸の良型メバルを釣り揚げた小川 巧さん

入賞順位

対象魚
一匹長寸
入賞者氏名

1

メバル

30.5cm

小川  巧

2
メバル
29.7cm

寺岡 哲雄

3
メバル
29.0cm

川田  務

外道賞
ガシラ
30.0cm

川田 幸正

            
この時期、好物のイカナゴを捕食するメバルやガシラなどの格好のエサになる手ごろな活イカナゴを船のイケスに確保してくれていて

手間なエサの持参不要にありがたい、参加者全員いい気分で船に乗り込み釣り場到着後、森田船頭は終始、沈船上での流し釣りを続行

ところが沈船のマストと船体との間隔が35bもあり根係り続出。その根係りを上手に交しながらの竿裁きでガシラ多数の中に

対象魚の良型メバルを数匹仕留めることが出来た。また、入会7年目で最長寸のメバルを釣り揚げた小川 巧さんが初優勝しました。

お世話になった:郡家丸