平成265月度、月例大会

2014510日、宮津大島養老漁港を拠点に「沖メバル釣り大会」を行いました。(参加者7人)


午前430分、いつもより早く参加者全員ニュー裕凪丸に乗り込み

午前5時ジャスト、養老漁港を出船、浦島曽根のポイントへ向った


北西の風強く大小ウネリの中、激しいRピッチングのスロー航行で

ポイント到着、水深100bの所で釣り開始、真剣な表情で魚のアタリを待つ


狙い通りの良型沖メバルをゲットした加藤ちゃん


手持ち竿での攻略釣法で魚のアタリを捕える川田 務さん良型沖メバルゲット


数釣りよりも常に入賞を狙う西谷さん、良型沖メバル見事ゲットっす


初めて釣れた、おまけ付きのチカメキントキにニンマリ笑顔の西谷さん


会長の置き竿に喰ってきた沖メバル、トリプリにタヌキメバルのおまけ付き


悪戦苦闘の末、やっと沖メバルを釣り揚げやれやれの日高ちゃん

入賞順位

対象魚
一匹長寸
入賞者氏名

1

沖メバル
35.0cm

西谷 和行

2
沖メバル
33.0cm

國元 洋正

3
沖メバル
32.0cm

川田  務

外道賞
チカメキントキ
30.0cm

寺岡 哲雄

           
今回は時化の中、後半も魚影の反応はあってもなかなか活性が上がらなく苦戦を強いられ一人平均5匹程度の低釣果に止まった。

お世話になった:裕凪丸