平成301月度、月例大会

2018122日、鳴門市 亀浦漁港を基地にしている、はらまるをチャーター
今年度 初の月例大会「新春バル釣り大会-Ⅰ」を行いました。(参加者7名)


はら丸に乗り込み、午前7時に亀浦漁港を出船、釣り場へ向かう


大鳴門橋東側の飛島周辺、水深20~30㍍のポイントで釣り開始

ポイントを2か所移動後に川田幸正さんに追い食いの心地よいアタリ!が来た


新春初釣りで3連チャンゲット!幸運スタートめでたいね


國元会長、メバル&ガシラゲット


宮本雅成さん、気合い入れているがデカイメバルが来ないね


中通し竿にスピニングリール着用した長井さん、アタリ連発!


ダブル&トリプル連続ゲットで笑いが止まらない、長井賢二さん


焦りながら遂に3連チャンゲットの山下裕之さん、苦戦晴らしたわ

クラブの紅一点 女性釣り師、中村千鶴さんもダブルゲットで新春の笑顔

悪戦苦闘の西本正義さん、納竿直前に心地よいアタリ!

良型メバルゲットした安堵の西本さん

入賞順位

対象魚

一匹長寸

入賞者氏名

1

メバル

24.6cm

川田 幸正

2

メバル

24.3cm

國元 洋正

3

メバル

24.2cm

長井 賢二

4

メバル

23.9cm

西本 正義

                     
2018年度の初例会は、天候不順の中 好天に恵まれ 昨年に続き少数参加者の開幕となった。仕掛けは、「鳴門メバルサビキ」
釣り場は、海峡東の飛島周辺の起伏の激しい駆け上がりを探るが根係り多発で掛かって来る獲物は殆んど小ガシラ
しばらく経って海峡西側の水深の浅い所を探るが反応薄い、更に西のポイントへ移動して水深浅い数メートル幅の漁礁上の
ピンポイントを繰り返し流し釣りに徹しポツポツ上がり終盤 海峡西側に戻り時合到来に食いが活発となり連ヒット!により
一人平均約25匹釣り上げる事が出来た。平成30年度 初例会は、まずまずの釣果で良好なスタートを切った。

お世話になった:はらまる水産