お魚供養・及び豊漁祈願祭

2017813日、毎年恒例の神戸市立「須磨海づり公園」海洋放牧場内に於いて神戸市(財)みのりの公社・海浜事業部主催

魚の供養・安全及び豊漁祈願祭が開催され釣関連各団体組織代表の皆さん約30人が出席、第39回・お魚供儀式が執り行われました。


地域に密着した様々な釣りが楽しめる 神戸市立須磨海づり公園


釣台から大阪湾~神戸沖~淡路島~明石海峡などが一望出来る


ご家族釣れでファミフィッシングが楽しめる安全安心な海釣り公園です


午前9時より、垂水海神社神の宮司さまが神棚を設置し「修祓の儀」開始


(公財)日本釣振興会、兵庫県支部を代表して玉串を奉げる 國元洋正 会長


儀式最終後、釣り台回りに於いてお祓いの紙ふぶきを撒く宮司さま


放魚の儀、(左)から公社理事長 様 神戸市・経済観光局長

神戸市漁業協同組合・理事、3人揃ってマダイの親魚を放流する


(左)全日本サーフキャスティング連盟 兵庫協会々長、渡辺敏夫さん

(右)(公財)日本釣振興会 兵庫県支部 理事 岩崎正彦さん


放魚の儀、主催関係者の親魚放流に続き夏休みで釣りに来園ていた、ちびっ子たちがマダイの稚魚を一斉に放流した。

須磨海づり公園と平磯海づり公園の利用者は年間約15万人の安全無事故と漁業の豊漁を祈願するとともに釣り上げられた

お魚の供養を行っています。この恒例の行事は1979年(昭和54年)より毎年お盆前に実施し今年で39回目となります。
儀式式場:神戸市立 須磨海づり公園