海辺のクリーンアップ作戦、清掃作業に協力

2019522日、午前11時から加古川市別府町港町、海洋文化センター堤防周辺の海底清掃作業を実施、福祉活動の一環として我がクラブから6人が応援参加
(社団法人)日本レジャースポーツダイビング協会 環境保全事業部のダイバー8人の皆さんのご協力により(公財)日本釣振興会主催 海中清掃作業を行いました。


加古川 海洋文化センター入口西側堤防下での作業行程を説明する
(公財)日本釣振興会 大阪事務局 事業担当課長、彦坂芳郎さん(右)


我が地域周辺海堤防の海底清掃作業に毎回ご協力していただいている
ダイバーの皆さんに敬意を表すチームアイランズ 西田崇志さん(右)


潜水中のダイバーの安全確保のため監視船として協力する新井さんのマイボート


海底清掃作業前に準備を整えるダイバーの皆さん


ファーストダイブ、海面に飛び込んだ女性ダイバー


隊長(キャプテン)自ら指導にあたる、ヘルメットなしでピカピカ(笑)

海底から収集したゴミを引き上げるスタッフの皆さん-1


海底から収集したゴミを引き上げるスタッフの皆さん-2

回収された雑ゴミの仕分け作業をするスタッフ


雑ゴミを前にメンバーの皆さんお疲れさまでした。

釣りの世界を通じた福祉活動の一環として海底のクリーンアップのため毎年行っている釣り場の海底清掃を今回は、作業現場を
加古川市 海洋文化センターの堤防で実施、空き缶や空ペットボトルなどその他の雑ゴミが集収され予想されたより少なかった。

主催(公益財団法人)日本釣振興会
協力:(一般社団法人)日本レジャーダイビング協会
協力:チームアイランズ、神戸新聞:明石魚住西専売所