(公財)日本釣振興会 兵庫県支部 主催、第38稚魚放流事業

2020610(公益財団法人)日本釣振興会 兵庫県支部 主催「稚魚放流事業」が尼崎 神戸 地区 三か所内の加古川地区への放流配当分としてマコガレイの
稚魚7.500匹を我がクラブ担当へ分配していただき日本釣振興会 兵庫県支部役員と共同作業で加古郡播磨町新島大橋周辺の釣り場「岸壁から放流しました。


放流に先立ち今回協力参加された皆さんに放流の趣旨と支部長代理としてご挨拶される
日本釣振興会・兵庫県支部 理事(株)ささめ針、代表取締役社長、笹倉 庸良 様

本庄新島「第一人工島」の船着場で稚魚放流の趣旨を
新聞記者の取材に応じるチームアイランズ、國元会長

山口県下松市の稚魚栽培養殖場から到着した活魚輸送専用トラック


ピチピチした約5センチほどの元気なマコガレイ稚魚7.5000匹が届いた

放流準備を整えるチームアイランズメンバー


地元、兵庫県議会議員・岡 つよし、親子さんもお手伝い参加した


皆さんのご協力で二回に分けて稚魚を一斉に放流した


稚魚が成長しやすい安全な場所で元気に育ってと願いを込め放流する

釣りの世界を通じた福祉活動の一環としてお魚を釣って楽しむだけでなく後世の釣人のために乱獲を慎み 我々が目指す

海の環境保護活動は勿論のこと稚魚を育てることも大切な福祉事業のひとつであることを認識し、減り続ける魚類たちの

増殖育成を微力助成、日釣振・兵庫県支部が目指す海辺の清掃作業など様々な奉仕活動に貢献出来うる釣り団体であり続けたい。

主催(公財)日本釣振興会

協力:チームアイランズ、訪問看護ステーションタクト(株)西明石