釣友同志 自由釣行

2006614日〜19日、45日の日程で毎年通い続けている西本正義さんに誘われ

日本最南端の有人島、小笠原諸島母島の磯へイシガキダイ(口白)を狙い挑戦して来ました。


東京都品川区の竹芝桟橋から定期船、

おがさわら丸、6.700トン

13.500馬力×2に乗船、遥か南の島へ旅立った


東京から南へ1.000km24時間の船旅で

父島に近づくと乗り合わせていた外国人が

ウォ〜ベーリーアイランドと言っていた


父島の二見港に到着した「おがさわら丸」

二見港近くの焼き肉店で昼食を済ませ、

休憩する間なく「ははしま丸に乗り継ぎ母島へ


父島経由で母島に到着後、休憩する間なく

真漁丸に釣り道具を積み込み沖村港を出船した


初日は、森船長の案内で二本岩へ

この日の天候は、まずまずだった


切り立った断崖絶壁の二本岩

左側の磯に上げてもらった


荒波の船から渡礁は一瞬の気も抜けない

飛び降りるチャンスは命がけで危険を伴う


4点張りピトンを打ち込み竿受けをガッチリ固定

大物仕掛けにイズスミの活き餌を付けて投入


西本さん ツチホゼリ(クエ)の

仲間75cmを釣り上げた


私は、バラフエダイ65cm

ゲットしたがすぐにリリースした


翌日、西本さん、49cm

イシガキダイ、ゲット


私は、バッチトレードマーク型の

43センチゲットに止まった


ここでは60cm以下は、全てリリースが前提


西本さん、最終の美を飾れなかった


その後、カンムリベラ51pしか釣れなかった


今回お世話になった真漁丸の

森船長さん(左)夕食を共に釣行の労を

ねぎらってくれた


二日間の日程を終え翌日、森船長と奥さんの

お見送りをうけ母島を離れる

またいつか再び行ってみたい南海の島々だった


釣りは夢が大切だの合言葉に自然美溢れた

母島を後に西本氏は、

80cmをゲットするまで通い続けるらしい

今回の遠征釣行は、初めて行く東洋のガラパゴスと呼ばれている小笠原諸島の

自然美溢れる楽園のような島々の景色など、心に残る思い出の旅路でもあった。

お問い合わせ:小笠原母島観光協会