沖縄県、与那国島沖の巨魚に潜む

2008716日から3日間の日程で沖縄県八重山郡与那国島の沖に潜む巨大カンナギを狙って仲間4人で出かけた。


15日午前、神戸空港から大物を狙って出発する三人のメンバー


搭乗後、神戸空港を離陸、那覇空港へ向け順調に飛行を続けるJAT


東京から参加した山ちゃんと那覇空港で

合流、午後330分、与那国島空港に到着した


宿泊地のペンション・サザンスマイルに到着後

翌日の釣りに備え、記念碑展望台より久部良港を望む


久部良漁港を基地にしている瑞宝丸、金城 和司船長に乗り込み出船完了


午前6時ジャスト久部良漁港を出船した


出船後、朝日を背に西北15マイル沖の

大物ポイントへ向かうことになった


活き餌になるムロアジ釣りは、船長と助手の連携プレーで

1回投入する度に赤ムロアジが少なくても20匹程釣り上げる


水深320mの所でムロアジのあごから上向きに仕掛けの

針に刺し、船長の支持で全員一斉に仕掛けを投入アタリを待つ


國元会長に狙った本命のカンナギでなく

外道のオオグチハマダイが掛かって来た


中島貴志さん、同ハマダイ、ゲットにヘッヘッ〜だ


川田幸正さんも同ハマダイゲットにはっはっは〜だ


山ちゃんも必死に頑張り通し愛用のタックルで

オオクチマダイを釣り上げたが写真撮ること出来ず残念


我がクラブの趣旨である福祉活動の一環として釣り上げた魚を現地の

養護老人ホームに寄贈、入所者お年寄りの方々に大変喜んでいただいた

与那国島WB


日本国最西端 国境の島、沖縄県与那国島の沖に潜む巨大カンナギ「マハタを狙った初の挑戦だったが現地到着と同時に台風7号が発生!翌一日だけの釣りを
余儀なくされ限られた時間内で精一杯粘ったが外道の
オオグチハマダイ8本のみのゲットに止まった。しかし、この海域での大物狙いの夢がまた一つ増えた。
※釣り上げたお魚は現地の「特別養護老人ホーム 月桃の里」に寄贈して帰って来た。

お世話になった:瑞宝丸