20J.B.T.Kに参戦

200971619日、和歌山県串本漁港を拠点にジャパンゲームフィッシュ協会 (J.G.F.A)主催、

20回串本ビルフィッシュトーナメントJ.B.T.Kが開催され70艇のオーナーボート約300人がエントリー

巨大クロカワカジキ(ブルーマーリン)お及びその他のカジキ類を追って3日間に亘って釣果が競われた。


16日午前10時、4人のメンバーでG.I号に
乗り込み
神戸ハーバーマリーナーを出港した


途中、すさみ漁港で給油と昼食を

済ませ、午後3時、串本漁港に入港した


キャプテン会議の後、漁協の水揚げ場に於いて大会の神事

儀式が行われ玉串を奉納、カジキのヒットを祈願するメンバー


航行の安全とカジキのヒット(ストライク)を
祈願して
玉串を捧げ、二礼二拍手 一礼する 國元洋正 会長


大会の開会宣言及び参加者に歓迎の挨拶をする

4年ぶり町長に返り咲いた、田嶋勝正、串本町長


昨年度のリフェンデングチャンピョン「チーム愛海」の
谷キャプテンの
乾杯の音頭でキックオフパーティースタート


地元のご婦人ダンスクラブの

ハワイヤンフラダンスで会場広場を盛り上げる


カジキ釣り大好き人間、昨年から釣友になった

バグースのカウボーイキャプテン大庫良一さん


串本大橋を潜りスタートラインで

スタートフィッシングを待つ参加各艇


午前6時、スタートフィッシングと同時に

エンジンフルスロットで加速する参加各艇


バグース号もポイント

目指してエンジン全開


最終日に我々と同じラインでヒットさせた

ラッキーな釣友、光成号、渕上倉治キャプテン


初日のヒットポイント図


戦い済んで表彰式会場に勢揃いした参加者の皆さん


大会終了後、串本ロイヤルホテル大広間に

於いて司会を務めるJGFA本部の岡田正文 副事務局長


井上正彦、大会実行委員長の

大会結果報告などで表彰式パーティーが始まった


見事優勝を成し遂げたチームサントピ(光成)アングラーの皆さん


表彰式の後、優勝したメンバー記念撮影に納まる


20周年記念大会でクロカワカジキ121.2kg50lbタックルでランデングに成功

見事優勝に輝いた、チームサントピア(光成)の皆さん、おめでとうございます。

ジャパンゲームフィッシュ協会(J.G.F.A