単身 自由釣行

この時期 伊予灘から周防灘一帯に回遊して来る関アジ関サバと同種の大アジを狙って山口県防府市三田尻中関港を基地にしている
大型高速遊漁船・かいゆう「SESIO」号に予約を入れ単身釣行を決行、現地の港から出漁4050センチのマアジを爆釣しました。


山口県防府市三田尻中関港に停泊している

瀬戸内海最大級の大型高速遊漁船「SESIO


午前4時、かいゆうに乗り込み、八島と四国の中間点の

釣り場目指し770馬力×2基搭載の高出力エンジン加速


八島沖のポイインにアンカーを下ろし釣り開始、集魚反応が

出るまでオモリ100号付アミカゴにアミエビを入れをまき続ける


撒きエサが効いてきた頃、水深50メートルの海底で

大アジの群れが魚探に反応、全員一斉にアタリ連発!


釣れ出すと4050センチの大判マアジが

ダブル&トリプルと次々に掛かって来るから

食事する間なくジャンジャン釣れぱっなしの大忙し


上陸後、防府市内の割烹料理店「管助」のマスター

管 文人さんに関アジ関サバの刺身を造ってもらい

自分の地元では、味わえない格別な舌包に酔いしれた

                         
2011068日、ご覧の通り、4050センチの関アジを45匹と思い出に残る最高の釣果だった。

お世話になった:釣り船・かいゆう・SESIO 、営業終了

釣行レポート・チーム・アイランズ 川田 幸正