鹿児島、奄美大島沖の深海釣りに挑む

2015720日から3日間の予定で鹿児島県奄美市笠利町赤木名漁港を拠点に奄美本島沖の深海魚釣りに挑戦してきた。


初日は、不調に終わり2日目の午後、水深400bのポイントで川田さんにアタリ!


上がってきた獲物は深海の妖精、高級魚「南洋キンメダイ」の大判ダブルゲット


続いて山下裕之さんの竿も大きく曲がった


狙った本命の「尾長ダイ(ハマダイ)」初ゲットに感動の山下さん


時合い到来か、國元会長にも心地よいアタリが来た


トリプルで掛かって来た「赤チビキ」一匹海面で外れダブルで揚がった

西本正義さんも本命の最高級魚、良型「尾長ダイ」ゲットに感激


夜は、龍郷湾の水深30bの所にアンカーを入れ船上でのバーベキューは最高


夜釣りは、何が来るか判らない!昔の磯釣りタックルスタイルで待望のヒット!


遠征釣行の都度、必ず狙う ローニンアジを今回も見事にゲットした西本さん

鹿児島県奄美市HP

鹿児島県十島村(トカラ列島)HP
                    
梅雨明けのこの時期、奄美地方の天候は毎年安定しているはずが、今回は台風11号の影響で大気不安定な天候が続き薩南諸島では50年ぶりの集中大豪雨に
見舞われる最悪の天候に本来目指していたトカラの深海初釣りがメーンだったがトカラ列島の上空には前線を伴った熱帯低気圧が居座り、大シケ続きのため
釣行不可能を余儀なくされることに奄美沖での釣りに限定せざるをいえなくなり、これまでになかった悪天候に悩まされる苦戦した遠征釣行だった。

お世話になった:釣り船・アルカトラズ