釣友同志の自由釣行

2017929日、マイカ好釣のニュースを聞きつけた川田 務さんに誘われ早速、東舞鶴港前島埠頭を基地に活躍している
乗合船スーパーコーリンに予約を入れ初挑戦の一人含め4人のメンバーセブン号の深夜便に乗り込み
マイカ狙い行って来ました。


午後10時出船、経ヶ岬の西北3㍄沖、水深85㍍の所にアンカー下ろして釣り開始


1時頃になって海面下30㍍のタナで國元会長の長尺竿に連続的なアタリが来た!


バレ防止に気合い入れロットキーパーから竿を外し手持ちで慎重に巻き上げる

小型ながら2.5号7本スッテにオール フルハウスで乗って来たマイカにホクホク


初挑戦の松岡栄治さん、期待通り狙ったマイカの連アタリに気合入る


初参戦で簡単に乗って来たマイカの連チャン ゲットに万感ラッキー


マイカ釣りベテランの川田 務さん、休憩する間なく熱心に粘り強く頑張る

上げるたびに連チャンゲット、笑いが止まらないウハウハ笑顔の務さん

川田幸正さんも負けじと連チャンゲットにエイエイ~

後半この型のマイカが次々に上がって来た


イカはイカでも地方によって呼び名が異なる、マイカ、シロイカ、アカイカ、マルイカ、など様々で代表的な呼び名はケンサキイカ
水揚げ市場の入札価格も高値なイカである。最近は、マイカ釣りにハマリ込みシーズンに入ると私どもがホームグラウンドにしている
日本海、若狭湾、敦賀湾など夜焚き(ランプ釣り)浮きスッテ釣りが定番。近年、イカメタル(鉛スッテ)釣法が多くの若者の間で
圧倒的に流行している
。なんといってもマイカが連乗りに乗ったあの軟調な引き心地はたまらない。たくさん獲れたマイカを持ち帰り
お世話になった方々に進呈して最も喜ばれること気分よし、冷凍保存OK、料理簡単、軟質甘身賞味よし、晩酌のアテに尚よしである。
ちなみに今回、川田 務さんの釣果、スルメイカ、20ハイ、マイカ150ハイ、川田幸正さん、スルメイカ、25ハイ、マイカ120ハイ、
松岡栄治さん、スルメイカ、15ハイ、マイカ95ハイ、國元会長、スルメイカ、30ハイ、マイカ110ハイ、4人の合計釣果は565ハイと
長い間、悪戦苦闘の連続だったが決して諦めることなく通い続け、やっとマイカの大群に遭遇、今回の爆釣に繋がった満足の帰路だった。
お世話になった:釣り船・スーパーコーリン