平成295月度、月例大会

2017527日、宮津大島養老漁港を基地にしている新幸丸・宮立健司 船長をチャーター「沖メバル釣り大会」を行いました。(参加者9人)


参加者全員、新幸丸に乗り込み午前5時、養老漁港を出船


一時間程走った丹後半島沖、白石グリの水深140㍍、シケの中、釣り開始


GPSプロッターと魚探を確認しながら慎重に操船、魚影を探し出した
潮上にアースタン停止、仕掛け投入指示する宮立健司 船長


船体激しい揺れの中、船長の音声でヤッテと仕掛け投入指示により
仕掛け投入着底と同時に加藤ちゃんのオリジナルロットにヒット!


良型タヌキメバル(マソイ)をゲットしたが沖メバルが中々釣れない


久々参加の山田正義さん、苦戦しながら対象魚の沖メバルダブル ゲットしたが


宮本雅成さん、タヌキメバル(マソイ)ダブルゲット


國元会長もタヌキメバル(マソイ)4連チャンゲット


 川田幸正さん、沖メバル&タヌキメバル(マソイ)ゲット

船酔いダウン立ち直り苦戦しながら粘って良型沖メバルゲットした中村千鶴さん

川田 務さんも苦戦しながら良型沖メバルを釣り上げた

山中義憲さん、良型沖メバル&タヌキメバル(マソイ)ゲット

入賞順位

対象魚

一匹長寸

入賞者氏名

1
沖メバル
33.7cm

山中 義憲

2位
沖メバル
31.5cm

中村 千鶴

3
沖メバル
29.5cm

川田  務

4位
沖メバル
28.0cm

川田 幸正

出船時は 波穏やかだった。しかし沖へ進行するにつれ次第に波高くなり船体 ローリング&ピッチングの激しい揺れに耐えながらの航行
海上風力5㍍曇り空にいつもと違う濁った海面色、雲行き怪しい不釣の予感。丹後半島北東10㍄沖の波高は2.5㍍シケ続き狙った沖メバルは
殆んど釣れない状況の中、けんちゃん船長、懸命に粘ったが掛かってくるのは(タヌキメバル)多数で沖メバルは低釣果にとどまった。

お世話になった:高速釣り船・新幸丸