平成303月度、月例大会

2018318日、姫路市木場「木場ヨットハーバー」を基地にしている美里丸をチャー

小豆島沖の越冬マダイをターゲットに「タイサビキ釣り大会」を行いました。(参加者9名)


僚船のシバキ丸に3人分乗、この釣り船も同じ釣り場に同行した

兜島周辺沖の釣り場、水深28㍍の駆け上がりPで釣り始める美里丸

ハネを狙った朝の間の時合到来時に山下裕之さんにヒット!

竿さばき鮮やかに釣り上げたハネ、タイサビキ釣りならお手のもんや


ここがホームグラウンドの女性釣り師、中村千鶴ママにヒット!


手慣れた竿さばきで難なく釣り上げたハネに満面笑顔のママさん


何度かバラシした後、時合到来時に山中義憲さんに再びヒット!


苦戦しながら慎重に釣り上げたハネ


國元会長も苦戦する中、やっと釣れた貴重な一匹

島周辺沖のマダイポインへ移動、多くのマイボートが犇く中、ここでも苦戦

タイサビキ釣り名人、誰も釣れていない中、マダイを釣り上げた山下裕之さん

流石の女性釣り師、デカ判大メバルも釣り上げました

入賞順位

対象魚
一匹長寸
入賞者氏名

1

マダイ

32.0cm

山下 裕之

2

ハネ(スズキ)

55.0cm

中村 千鶴

3

ハネ(スズキ)

55.0cm

川田  務

4

ハネ(スズキ)

53.0cm

國元 洋正

               
3月も中旬過ぎれば寒気緩む釣り日和に恵まれたこの日の釣り場は小豆島沖のいつもの釣り場へ寄らず北西沖のポイントから釣り始めた

大潮に入った好条件の汐時に期待膨らませ釣り開始からしばらく苦戦、仕掛け投入後 底から上げたオモリを指で触ってみればずいぶん冷たい

低水温のせいか中々サビキ仕掛けに食いついてこない、仕掛け着底から糸ふけとり低速中速巻き上げスピードを変化させながら巻き上げてみるが

殆んどアタリがない中、船長我慢堪えピンポイント駆け上がり下りを繰り返し流すうちに時合到来か魚探に反応した途端次々にヒットしたが

後が続かずアタリが止まったところで全員仕掛けを上げて次のポイントへ本命のマダイを狙って高松市庵治町 大島 兜島 鎧島 稲毛島 周辺へ

向け船のスピードを上げた。釣り場到着時には 日曜日とあって地元のマイボートが犇く中、ポイントも限られており、巧く割り込んんで

Fスタート、我が船は 最新鋭の電子機器ソナー&デジタル魚探を装備しているので魚影を発見するのが他船より最も早いため地元の釣り船も

当船の周りに近寄って来る。底潮が止まっているためかマダイが魚探に殆んど反応しないので仕方なく底汐が動くまで約一時間ほど

時合待ち休憩をとり再スタート後に他船も食い渋る中、山下裕之さんが本命のマダイ2匹釣り上げたのみで我慢粘ったがマダイの活性あがらず

大潮のため徐々に込み汐激流増し釣り続行を断念、厳しい低釣果にて帰港の途についた。

今回釣れたハネとは、関西地方での和名は(セイゴ、ハネ、スズキ)英名は seabass(シーバス)春夏期の出世魚。

釣りは良い日も悪い日もあるから面白い、挑戦する度に大海原の釣りロマンは益々広がり続けるばかりだ。チャンチャン

お世話になった:遊漁船・美里丸