平成314月度、月例大会
201947日、明石市東二見漁港を基地に活躍している釣り船・近藤丸「(近藤真史)船長に乗船「メバル釣り大会-3」を行いました。(参加者13名)


出船前に注意点とメバルの釣り方を分かり易く詳細に説明する近藤船長

午前7時、船長の説明後に係留所を離れ奥様のお見送りで釣り場へ向かう

二見沖、水深10㍍のピン㌽で釣り始め、川田 務さんにいきなりヒット!


良型シロメバルがダブルで上がって来た


中村千鶴さん、頑張って良型クロメバル、ゲット


宮本雅成さん、良型メバル、ダブルゲット


 川田幸正さん、シロメバル、ゲット

國元会長、良型メバル、ゲット

地元の海に精通している東 聖一郎さん、初参加で良型メバル、ゲット

引数3位までの方々に近藤丸賞をご進呈いただき有難うございました

入賞順位

対象魚
一匹長寸
入賞者氏名

1

メバル

26.3cm

東 聖一郎

2

メバル

25.5cm

國元 洋正

3

メバル

25.0cm

川田 幸正

4

メバル

24.4cm

宮本 雅成

          
桜開花のこの時期は、桜鯛と同様 いまが旬の春告メバルは、お刺身や煮つけなどに最高の美味。今回は、東二見漁港を拠点の例会。二見人工島沖から
鹿ノ瀬一帯のマダコやメバルのポイントを充分に知り尽くした近藤船長の庭先の畑みたいな海域でマタコ釣り名人の漁師で知れれる頑固親父の
長男で二代目船頭である。出船前にメバル釣りのコツを丁寧に説明してもらい慌てずゆっくり出船。先ずは、人工島沖の水深10㍍のピンポイントから
釣りはじめ、ポイントを移動する都度、誰かにアタリがあって終了まで頑張っていただき数は少なめだったが殆んど良型で一人5匹程度の釣果だった。
お世話になった:釣り船・近藤丸