令和2年2月度、月例大会

2020224日、姫路市木場の「木場ヨットハーバー」を基地に活躍している美里丸と僚船「しばき丸」に分乗

この時期の瀬戸内海の風物詩、小豆島沖のマダイをターゲットに「タイサビキ釣り大会」を行いました。(参加者5名)


午前5時過ぎに出船、ポイントを4ヵ所移動してマダイ釣り場に着いた美里丸

僚船「しばき丸」に2人分乗、同じ釣り場(ポイント)へ到着

奮闘する若きエース田中正樹クン気合入る、水深32~25㍍の㌽で強烈ヒット!

手慣れた竿さばきで難なくダブル釣り上げた小豆島沖産のマダイ


絶好調の宮本雅成さん、夜明け前に最初の㌽で約30㎝のメバルを立て続けに5匹ゲット!続いてハマチ5匹に80㎝のハネ(スズキ)マダイと4目ゲットでウハウハ


良型ハネ(スズキ)をダブルで釣り上げた西本正義さん


ハリス2号サビキ仕掛けでスズキ&良型メバルゲットした田中正樹クン


終盤まで苦戦していた國元会長、納竿直前 ラッキーにも良型マダイを上げた

今回は、3人共々絶好釣に恵まれ、帰港中の船上は、とても明るかった

入賞順位

対象魚
一匹長寸
入賞者氏名

1

マダイ

52.0cm

國元 洋正

2

マダイ

40.5cm

田中 正樹

3

マダイ

38.0cm

宮本 雅成

4

マダイ

31.5cm

西本 正義

           
この時期、人気好評の小豆島周辺沖のマダイ狙い。最もヒット「食いつき」の確率が高い仕掛けを選ぶのが釣り人の選択肢。何所の釣具販売店の仕掛けコーナーを
覗いて見ても、必ずと言っていいほど置いてある「小豆島マダイサビキ仕掛け」釣り具メーカー各社の仕掛けに販売店オリジナルなど、売れゆきは好調のようで
ヒットの確率がやや高い仕掛けは、やはり皆さんがいつも乗船しておられる釣り船の船内に常備販売している当船オリジナル仕掛けが最も有利のようなだ。
何れにしても釣行当日の潮の状況とあなたの腕 仕掛け選びが一致すれば必ずと言っていいほどよく釣れる。時合到来時には気を抜かず真剣に狙うことが好釣果に
繋がるでしょう。明石西周辺から出船している各釣り船の巡航速度は燃費節約のため約12~14ノット、小豆島沖のマダイ釣り場に辿り着くには片道1時間20分ほど
その間ワクワク楽しみ雑談。12月~3月にかけ瀬戸内海の釣り物はメバルやガシラが主なので。それ故に、この時期は小豆島周辺沖のマダイ狙いは釣人の
人気ターゲット。
今回は何処のポイントへ移動しても好釣だった。マダイの他、ハネ スズキに良型メバル、おまけにハマチまでついて来た高満足の釣果だった。

お世話になった:遊漁船・美里丸、この釣り船は、小豆島のマダイ釣りに精通している。どうぞご利用ください