海辺のクリーンアップ作戦、清掃作業に協力
2016525日、午前11時から明石市東二見人工島南防波堤の海底を昨年に続き海辺の清掃作戦の一環として我がクラブから11人が応援参加、
日本レジャースポーツダイビング協会 環境保全事業部のアダイバー18人の皆さんのご協力により(公財)日本釣振興会主催 海中清掃作業を行いました。


潜水作業前に器具を整え、打ち合わせする ダイバーの皆さん


ダイバーの皆さんにご協力の敬意を申し上げるチームアイランズ 会長 國元洋正


防波堤入口付近に投棄されていた空き缶やゴミは当初より少なかった


男性ダイバーが海中へ飛び込む瞬間


続いて女性ダイバーも次々に海中へ飛び込む


海面に揃ったダイバーの皆さん、これより海底に潜り清掃作業を始める

今回は、防波堤内側の海底清掃作業に入るダイバーの皆さんとお手伝いの皆さん


回収したゴミの引き上げ作業を手伝う、フタミ釣り餌センター新井照幸さん

回収されたゴミを集積場まで一輪車で運ぶ日釣振、兵庫県支部役員・岩崎正彦さん


同一輪車で運ぶ、チームアイランズ 西谷和行さん


海底清掃作業を終え、無事上陸してくるダイバーの皆さん


作業終了後、「あかねの湯」のレストランで食事後、解散

釣りの世界を通じた福祉活動の一環として稚魚が安全に生息成長しやすい環境作りのため毎年行っている
釣り場の海底清掃が実施され、空き缶や釣り竿などその他の雑ゴミが回収されほぼ綺麗な海底に戻った。

主催(公財)日本釣振興会

協力:(社)レジャー・スポーツダイビング産業協会

協力:チームアイランズ、神戸新聞:明石販売所・魚住西専売所