沖縄県、与那国島沖の巨魚に潜む

2013415日から3日間、日本国最西端国境の島、沖縄県八重山郡与那国島沖のカンナギ及びキハダマグロなどを狙って仲間3人で出かけた。


16日午前7時、チャーターした瑞宝丸に乗り込み

ポイント目指して与那国島の久部良港を出船した


南西へ1時間30分走った水深230bの所でエサになる

ムロアジを確保、更に南へ30分走ったポイントで釣り開始


しばらく経って初参加の上田淳一さんに初ヒット!グィグィ引くヤツに

リールのスイチON回転停止トラブルで2度もバラしてしまい残念無念


3度目のヒットもサメにやられた、4度目のアタリでようやく

釣り上げに成功したが、レギュラーサイズのカンパチで後が続かなかった


その後、川田幸正さんが良型カンパチをゲット


続いてゴマフエダイもゲットして日中の釣り終了


夕方からキハダマグロを狙い北東沖へ約30?走った水深1500bの所でPS流し釣り

イカをエサに晩中粘った未明、川田さんの竿にヒット!格闘の末、惜しくもバラし


一日休んだ翌日、南東へ2時間30分走った水深300400bのポイントで

川田さんの竿にアタリ!サメの餌食にならないうちに電動リールの回転を上げた


上がって来た最高の獲物は、狙い通り

本命のカンナギ、ゲットに満足の川田幸正さん


今回、不調だった國元会長、粘りに粘った

悪戦苦闘の末、ラストに待望のアタリ!が来た


最後の最後まで諦めなかった信念が実り

遂にカンナギをゲット!幸運の一言に尽きる


長年の釣行ではじめてボーズ覚悟しただけに自然の

厳しさを改めて実感、外道のオオクチハマダイも来た


釣り終了後、近くの飲食店、「まるてい」に於いて

仲間の皆さんと島料理で最終の夕食会を楽しんだ


スタンディングファイター凄腕揃いの「立釣魂」の快男児

番長こと吉田幸治さんと出会い今後の活躍を誓い合った

与那国島WEB
                 
我々仲間が毎年、通い続けている与那国島沖の巨魚狙い。今回は、南海の巨魚の魅力に執り付かれた若手クルーである田中秀蔵クンのサポートに
よって大物釣りが気楽に楽しめることが出来た彼が手伝う「瑞宝丸」での釣行は便利で安心。釣り人の皆さん是非一度行かれてはいかがでしょう。

お世話になった:瑞宝丸