沖縄県、久米島沖のキハダマグロ狙い

2017518日、沖縄県久米島 仲里漁港を基地に活躍している、しらせ丸・安田船長をチャーター

南海の温暖な海域を悠々と回遊する久米島沖パヤオ廻りのキハダマグロを狙って釣友5人で出かけた。


午前10時15分、神戸空港を出発 那覇空港経由で午後、久米島空港に到着した


翌朝、久米島 仲里漁港を出船、島の西北沖に設置された漁協のパヤオへ向かう


中層ブイの周辺でキビナゴを撒きながら完全フカセでヒット!

スタンディングで釣り上げた高知県安芸市、結愛丸 森沢船長


ヒットしたキハダマグロとスタンディンでグファイトする


ほぼ同サイズのキハダマグロ、ゲットに笑顔の上田純一さん


最新最強のマグロ専用リールを使用、水深1.000㍍の上層でヒット!

楽々と釣り上げた同サイズ平均20㎏級のキハダマグロ

              

コバルトブルーの海、久米島沖。同漁協が沖合に設置した11基のパヤオ(浮漁礁)廻りには、豊富な魚種が常時回遊している。

キハダマグロ、クロマグロ、メバチマグロ、シイラ、本ガツオ、カジキ類など年中釣れる黒潮の幸がいっぱい遊泳している海域だ。

お世話になった:久米島漁協所属、しらせ丸

釣行レポート・チーム・アイランズ遠征企画部長 川田 幸正